後遺障害年金

交通事故や病気など、自分の身には起こってほしくないことも時には起こることがあります。
治療して元通りに治るものであれば人生に対するダメージは少なくて済みますが、そうではない場合もあるでしょう。
「後遺障害」が残ってしまう可能性があります。
ここでは実際に後遺障害が発生してしまった場合、どのようなお金が支払われるのかについて紹介します。
後遺障害が残ってしまった場合に利用できる制度であるのが「後遺障害年金」です。
これは通常の国民年金や厚生年金に付与されている効果であるため、保険料の滞納を行わず支払っているのであればその保険効果を受けることができます。
最近では年金破綻などの問題が叫ばれており未払いの問題が取りざたされるようになってきましたが、日本の年金にはこの後遺障害年金のほか、遺族年金などの附属効果があるため、実は費用対効果はそれほど悪くはありません。
老齢年金だけをみて期待できないために支払わない、というのは事故などへの対処能力を失うことになるため辞めましょう。

この後遺障害年金によって受け取ることが出来る保険金は「介護を要する後遺障害の場合の等級」と「後遺障害の等級」の2つの種類に分かれています。
前者に該当する場合は前者が適用され、該当しない場合は後者が適用されます。
両方の等級を合わせて保険金が支給されるわけではない点には注意が必要です。
それでは、それぞれの等級の認定内容と保険金の額について紹介します。


<注目サイト>
後遺障害の等級認定などの申請を弁護士が代行してくれるサイトです…後遺障害 弁護士